デジャヴ・・・EF66 27がやって来た

デジャヴ・・・EF66 27がやって来た

昨日の予想通り、今日はニーナことEF66-27がやって来ました。

いつもは近所の港か近所の歩道橋の上で撮影するのですが、今日は蘇我まで遠征。

蘇我までの沿線にはそれは人が多かったらしいのですが、蘇我にはあまり人はいません、終着駅だからかな???

当初は蘇我駅を出て、千葉機関区近くの撮影場所へ行こうと思っていたため、早くに家を出ましたが、根が怠けモノなので、そのまま駅に残ることにしました。

ホームには人影もなく・・・・早くに蘇我駅に着いてしまったせいもありますが、何だか肩すかし。

前回のEF66- 27撮影は、検測車を撮影するついでだったので、一発撮り、しかもかなり混雑した中での撮影でした。

しかし、今回はほんと人がいなくて広々~。

仕事を持っている人はこういう昼間の時間帯に撮影に来ることは難しいでしょうから、蘇我のように少し遠い場所は空いているのかもしれませんね。

257系

武蔵線の沿線へ撮影に行っている人から、ほんとにニーナが来るのかどうか、情報を貰いながらひたすら待ち続けます。

ここまで来て、代走でしたというのは無しよ・・・・

暇なので、たまにホームに入線してくる電車も撮影してました。

京葉臨海KD603

EF66が入線してくる時間に近づくと、先に京葉臨海から桃太郎に牽かせる荷物が届きます。

牽いてきたタキを置いて、KD603が車線変更するため、近くまで来てくれました。

保安員??保全員???なんて呼ぶのかわかりませんけど、お父さんはバック運転のため位置を変えます。

こうして見ると、京葉臨海の機関車は比較的小振りな感じですね。

EF210

お次は、京葉臨海から荷物を受け取る桃太郎が登場。

なかなか901番には当たりませんが、桃太郎はおなじみの顔。

こうして人と比較すると、やっぱり桃太郎は大きく感じますね。

いつも同じ箇所が汚れまくりの桃太郎、あの屋根の上に何があるんでしょ????

さて、そろそろEF66-27が来るはず・・・武蔵野線は定刻通り通過という情報です。

EF66 27

来ましたけど、まるでデジャヴ・・・昨日の35番もここから撮影したのでしょうがないですね。

すでに引退が決まっているEF66-27、見られるうちに撮影しておくしかありません。

それにしても、昨日の35番に続いて今日も0番台とはうれしい限り。

このまま24番や36番が来てほしいです。

EF66 27

頭に乗ってるキャラメルが、いつも気になりますが、あれは排気口???

なんか、四角がそぐわない感じです。

EF66の後は、桃太郎が出発し、その後、EF65が到着、別のEF65が発車という順番ですが、今日は用事があったので桃太郎の出発だけ撮影するこにします。

EF210

郡山、南松本、倉賀野、宇都宮常備のタキを牽いて、桃太郎が発車オーライ。

初めの速度はそりゃゆっくりで、1/320でも撮影できるほど。

貨物が重たいのでなかなか加速しません。

この蘇我から高架を上り切ってしばらくはゆっくり速度のまま、でもあの坂道をオイル満タンのタキを牽いて上るわけですから、かなり力があるということですね。

本日の撮影は桃太郎で終了。

現在、千葉県内のJRや私鉄各社が協賛してスタンプラリーを行っているので、しっかり台紙にスタンプを押してから帰りました。

ラッカ星人のスタンプを集めまくりですわ・・・