嵐の前の千葉機関区

嵐の前の千葉機関区

外に出かけられないほどの荒天になる前に、どこかプチ撮影に行けないかなと色々考えた末、今日も再び千葉機関区へ。

本日の千葉機関区にはサメことEF66が一機は入っていることはわかっていたので、ちょっと偵察、でもその前に12時25分蘇我発のEF65牽引の貨物を撮影したいなと駅のホームで待っていたら、これはうやでした。

天気予報によると、千葉市内の雨の降り出しは午後3時くらいから、のはずなのに、午前中から降ってるじゃないか、どうなってるの?

雨なので脚立はなしで出かけたため、またまた一生懸命背伸びをして撮影する破目になりました。

千葉機関区

今日の勢ぞろいはこんな感じ、フェンスをよけられるほど背が高くないので、どうしようもないですね。

こんな時は真剣に、シークレットブーツの購入を考えようかなんて思ったりします。

最近は、靴の中に入れるだけで背が高くなるインソールまであって、それでも良いかと。

千葉機関区

ワンタッチで背が伸びるブーツとかあると本当にうれしいです。

蘇我駅方面から見ると隠れ気味のEF65カラシドア、以前はこんなカラシドアが沢山ここに並んでいましたね。

今日はモモが2機かなんて撮影してたら、京葉臨海のKD55が登場、もうじき蘇我に貨物が着くようです。

千葉機関区

それならぼちぼち移動しようかと、意外に花が多い千葉機関区で菜の花を撮影してからぼちぼちと蘇我駅方面に歩きだしました。

まだ雨は降っていませんが、なんだか嫌な雲が空をサーっと流れていきます。

このまま雨に降られずに撮影を終わらせたいなと、時々空を見上げてみました。

桃太郎

「片パン」表示を過ぎて、更に踏切に向かっていると、踏切が鳴りだしました。

振り返ると桃太郎が蘇我に向かって発進中、そういえば、機関区の人がワイパーをチェックしていたっけ・・・・

踏切までダッシュして後追いを撮影、真横を通過されると、貨物機関車の大きさにちょっと驚きますね。

蘇我

千葉機関区から出た桃太郎は、どうやら単機でかえっていくもよう。

もう一機の桃太郎が、東京方面から荷物を引いてやって来ました。

これが本来EF66のはずですが、どうやらずーっと桃太郎が代走しているようです。

先程のKD55も荷物引き取りのため待機中、それならこのKD55が京葉臨海へ向かうところを撮影しようと、ここで待つことにしました。

しかし、いきなり雨が落ちて来て、しかも本降り、しょうがないので、ちょっと軒下で雨宿りさせてもらいました。

雨は本降り、しかもちょっと肌寒くなってくるし、天気が心配になってきます。

KD55

結局30分近く待ちましたが、待ったかいがあって、雨が止みました。

ものすごい長い荷物をよっこらと引いて行くKD55を撮影して、今日のプチ理撮影は終了です。

最後まで傘を使わないで済んで良かった良かった。