今日は地味鉄・千葉貨物

今日は地味鉄・千葉貨物

テレビをつけたら、阪神電車が映ってました。

梅田から元町まで、よく乗りましたな。

何度か、淀川の鉄橋の真ん中で電車が止まったことがあって、何かあったら淀川に落ちると心配したり・・・

その阪神電車と阪急電車が合併と聞いて、阪急どないしたと思いましたね。

山手と下町が手を組むとは・・・真ん中にはJRがあるけれど。

世の中意外なことが起こるもんだとびっくり。

地震の後、町並みはずいぶん変わったと思いますが、阪神の雰囲気は変わっていない様子。

たいてい三ノ宮や元町に遊びに行ったものですが、あこや亭の鍋焼きうどんに甲南漬けが懐かしいですねえ。

元町商店街入り口のフルーツショップのジュースもよく飲みました。

南京町の揚げパンも食べたいし・・・

なかなか帰れないですね。

さて、なんだかんだと天気も気温も安定せず、疲れも取れずで近場で撮影。

特に目玉もありませんが、1091レに白プレートが入っていたので、まずはそれから。

EF65-2094

EF65-2094の後ろは、まあいつも1091レでした。

どちらかというと、後方の空コキが目立ちますが、こうして写せば目立たないです。

KD601

この日の京葉臨海の入換担当はKD601でした。

まだピカピカのKD601。

EF65-2076入換

KD601の後は、8685レのタキを牽いていくEF65-2076の入換が始まりました。

EF65-2076もきれいと言えばきれい。

EF65-2076

しばらくして、EF65-2086がタキを牽いて出発。

いつも思いますが、本当に重たそうに京葉線への坂をあがるんですよね。

千葉貨物の撮影は50分くらいで終了。

まだ物足りないので、別の場所に移動しましたが、それはJRではないです。

そういえば、時々千葉でも551の豚まんを買うことができますが、こころなしか小さくなったような気が・・・・

以前はあの豚まん一つでかなりお腹が満たされたのに、今の大きさでは二つは食べないとなあ。

残業のお伴だった豚まん、味は変わらないんですけど。