蘇我駅のEF65-2119と高崎線211系津田沼疎開

蘇我駅のEF65-2119と高崎線211系津田沼疎開

台風の影響かどうか、貨物はうやが続いていて、何がくるのか予測できません。

予測できないときは見に行くしかないわけで、今日は千葉貨物ウォッチング。

ところで、昨日新スタートレックとい話を書きましたが、カークではなくピカード船長でしたね、カーク船長はファーストシーズンで、次はピカード船長。

で、オランダのロッベンはピカード船長にくりそつ・・・・そんな年ではないでしょうが、よく似ています。

今日のニュースではFIFAはネイマールのラフプレーを認めて、コロンビアのスニガは処分なしということになったようです。

わざとこけたり、大げさに手を振り回したりと、いろいろありますもんね、サッカーは格闘技ですから。

 早朝のブラジル対ドイツ戦を待ちながらの更新です。

さて、今朝、出かける前に、千葉機関区に久しぶりにEF65-2119が入っているらしいという情報が入りました。

それが、いつ出てくるのかわからないため、一応9時台の出場を待つことにします。

EF65-2068

単機のEF65-2068でした。

今日は、長岡EF81-141の長岡返却があるのですが、筋がわからないので、幸運に任せることにします。

それよりも高崎線211系のほうが気になる・・・

EF210-115

蘇我駅へ行って、千葉機関区前でEF65-2119を確認してからもう一度ホームに戻ると、越谷Tまでうやのため、EF66の代走で桃太郎が単機でやってきました。

今日は、千葉機関区あたりで保線作業が行われていて、蘇我駅校内の貨物線でも同じようにたくさん人が出ています。

そのため、桃太郎は警報を何度も鳴らして蘇我駅へ、保線の人がなかなかどかない・・・・

保線作業は、どうも今夜のチキに備えてのもの??だったかも。

EF210桃太郎

蘇我駅ではきれいに桃太郎が並びました。

今夜からこのあたりのレールを交換する???

さらに待つこと30分あまり・・暇だぁ。

EF64-1021

EF64-1021が来ました、新鶴見からこの1021号機が出ていなかったので、再度の登場ですね。

遠くにはEF65-2121が出発を待っていたので、この出発を待つことにします。

EF65-2119

EF64が牽いてきた貨物の陰に隠れていたEF65-2119も、出発間際に京葉臨海へ貨物が出発したため、すっきり。

突然現れた原色は、タキを牽いて行ってしまいました。

ここで、高崎線211系が今日も津田沼の習志野車両区へ入るということなので、まず津田沼へ。

しかし、新金線経由となると、そうとうな時間新小岩に停車します。

それで、津田沼から新小岩まで行き、211系が停車しているか確認。

211系の姿を確認したところで、どこで撮影するか悩みました。

すでにEF81-141は木更津を出発したので間に合わずでしたね。

211系

すでに211系ヘッドライトが点灯していたので、すぐに出発かもと、新小岩から各停に乗り込んで、誰もいないホームを選んで下車します。

配給、回送の筋に詳しくないのですが、こうしてだんだんデータを集めればよいのかも。

211系は、さほど待たずに新小岩を出発したようでした。

今日の撮影はこれで終了、ひどく暑くて疲れました。