ビタビタダラダラ撮影

ビタビタダラダラ撮影

ニュースを見たら、まだイスイスの人質事件が終わってなかったんですね。

やはりお友達には手をかけないということは、自作自演なんですか。

こんなことに巻き込まれたヨルダンが気の毒です。

日本に帰ってきたら、また風俗でも経営するのかな???

こうなると、周囲の人みんな怪しく見えますね。

日本の事情に詳しい人がいるということでしたが、それは現地にいるでしょう。

あと何回、締切過ぎたら終わるのか?????

最初のビデオをその筋のエキスパートに見せたら、二人の表情の違いから、もっと詳細が分かるかもしれませんね。

それが怖くて、静止画にして、最後は音声だけにしたのかも。

それはさておき、先日の京成3000形甲種は、違う写真で数えたら8両でした。

直線で撮影したほうが良かったかも。

空輸がかっこいいけれど、やはり京急経由で京成車庫まで運ばれるようですね。

8両編成ということは、いつ本線デビューするんでしょ???

さて今日は、雪ということだったので、早朝の京成4両撮影に行ってみました。

しかし、雪のゆの字もなし。

3500形未更新車

みぞれ混じりの大雨の中、3500形未更新車のチラリ撮影をして、あとは3000形とか、更新車ばかりだったので、濡れたコートを乾かすため一旦帰宅しました。

すぐに西に向かえばよかったのですが、空腹だったので、エネルギー補給・・・

少しほっとしたところで、西へ。

EF64-39ロンチキ返空

新中川の堤防の下に着いたところで、発送は行ってしまい、仕方なく次の返空を待つことにします。

今日は高崎のEF65-39がロンチキを牽いて新小岩へお帰り~。

しかし、すでに雨に変わり、雪が溶けてしまってました。

顔の雪も雨で溶けてしまってましたしね、残念。

EF64-39

多少雪が混ざった雨でしたが、さほど寒くありませんでした。

この天気だとピントが合いにくい・・・・

市川までは雪だったようですが、船橋あたりでは雪は見られませんでした。

それで、少し京成を江戸川鉄橋で撮影しようと、市川まで戻ります。

3400形

堤防の上にたどり着いたら、3400形が通過。

寒々しい空ですが、雪景色はありませんね。

しかし、ピーピーと聞きなれた声が聞こえたので、国道を小岩方面に歩いてみました。

江戸川鉄橋

水面には、越冬中の頭にフルーツ牛乳をのせたヒドリガモがいっぱい。

グランドにも少しは雪が残っていたので、ここで3500形更新車を撮影しました。

最初は一か所に固まっていたヒドリガモが段々ばらけていく・・・・

と思ったら、上空をハヤブサが飛んでいたんですね。

でも、20羽近いカラスに追い回されて、ハヤブサは海のほうへ去っていきました。

ハヤブサは、螺旋を描いて獲物に向かって急降下するというのですが、速すぎて螺旋かどうかわからない・・・

何度かハヤブサの急降下の撮影を試みましたが、成功率は低いです。

そろそろ気温も低くなってきたようなので、市川駅まで戻ることにしました。

EF65-2040

時計を見ると、じきに鹿島貨物の通過時間。

しかし、市川で待つのもなんだかなあ・・・ということで、快速で津田沼へ行くことにします。

快速から降りて1分ほどしたら、鹿島貨物が通過、今日はEF65-2040でした。

今日の撮影はここまで。

全身ビタビタになってましたが、上下ともレインウェアだったので、体はドライ。

防水防風ばっちりのゴアテックスだと、アンダーは厚着をしなくてよいんですね。