芝鉄来い来い 京成江戸川鉄橋

芝鉄来い来い 京成江戸川鉄橋

芝山鉄道車両を撮影したくて、数日間京成電鉄の江戸川鉄橋に通ったことがあります。ここは、JRと京成の鉄橋が千葉街道の14号線を挟んで並んでいるので、鉄道撮影にはもってこいの場所、しかし、芝山鉄道の車両は多分一編成しかないので、当たるも八卦当たらないのも八卦、はずればかりの日が続きます。

スポンサードリンク

たった2駅しかない芝山鉄道、どうせなら、芝山仁王尊近くまで延長してくれるとうれしいのに、何故、あんな中途半端で切れているのか、延長して・・・・

赤電

灰色の空の下、芝鉄は来ないけれど、赤電がやって来ました。ここは風が強いのでトラスは仕方がないですね。でもトラスは好き、鉄橋って感じがしますから。

この日の収穫は赤電のみ、小雨がパラついてきたので、早々に撤収、辺りに人影もありませんでした。

シティライナー今度は青空、早朝待っていると、シティライナーがやって来ました。青空でよかった、白い車体が映えます。でも、シティライナーを撮影するなら、鬼越近くの真間川がベスト、桜の季節では、花吹雪の中を走るシティライナーが撮影できます。

さて、芝山鉄道はどうしたのか、また不発か???と不安になりつつも、駅前のローソンで買ってきたパンを食べながら芝鉄を待ちます。

鉄道撮影をしているうち、パンやらおにぎりやらを立って食べることに慣れてしまいました。

こんな風に、目当ての車両を待っている時には、まともに食事をすることは無理、田舎に行くとお店すらないことも多いので、カメラバッグには、いつも非常食が入っています。

芝山鉄道

あきらめて、そろそろ帰ろうかと思った時、目当ての芝山鉄道車両がきました。

よかった、3日間も通ったかいがありました。これを撮影するぞと思うと、何もかも放っておいて撮影できるまで通ってしまう・・・・

そのしわ寄せは結局自分に返ってくるわけですが、あきらめて中途半端で終わらせると、仕事も家事も手につかないので、やっぱり思いたったらやりきるしかない、と思っています。

スポンサードリンク