SLおいでよ銚子号 成田松岸線 撮影地探しの旅

SLおいでよ銚子号 成田松岸線 撮影地探しの旅

先日、成田松岸線を往復したのは、C61が走るSLおいでよ銚子号の撮影地探しのためです。

209系の窓から外を見ながらメモをとったり、外の様子を撮影しましたが、どうも写真がイマイチ。

でも、この路線に関しては参考になるものが何もないので、撮影した写真と地図とをにらめっこして、どこか良いポイントはないかなと探してます・・・

2月にC61が走る成田松岸線は、ず~っと平坦、煙りぼうぼうというわけにはいかないようです。

佐原を出て笹川で停車し、銚子に行くとなると、煙りポイントは佐原駅と笹川駅、ここがものすごい人出になることは想像できますね。

佐原

前に書いた成田松岸線下見で紹介した小野川鉄橋以外では、佐原駅の柵前が撮影スポット。

一番手前に普段使われないレールがあるため、やや斜めにレンズを向ければ、隣に立つ人は邪魔にならないかも・・・

奥のホームから発車するなら、尚ベターです。

成田松岸線

香取を過ぎて、水郷に近づくと、松岸辺りまでは、大体こんな田園風景になります。

遠くからでも、成田松岸線を走る電車は、良く見えるでしょう。

舗装されていない農道が縦横に走っているので、どこにでも立てます。

周りの人と相談して立たないと、邪魔かもしれませんけど・・・・

水郷以降は、銚子に向かって右側が順光ですが、小見川と笹川間は、架線がバッチリ電車と右側に並行、C61は黒いので 架線の黒は目立たないかもしれませんが、やっぱり気になります。

せっかく良さそうな撮影地があっても、架線がちょうど車体にかかるのは残念でした。

成田松岸線

松岸手前では、猿田方面から来る総武本線と合流。

ここでは、総武本線に電車が通過しなければ、総武本線の向こう側から撮影できます。

車窓

跨線橋がある駅も多いので、ここも良いかも、でも高さと場所によっては架線が邪魔になりますね。

人は邪魔になりませんけど。

もし、曇りや雨雪だったら、線路の反対側も撮影地候補になります。

景色はほとんど同じ、でも民家が多いです。

試運転は2日からですが、どんな日程なのか発表されていません。

内房線の時は、時刻表を見れば、試運転の日時がわかったのですが、今回は、変更される番線もないので分からず、でも時間は本番と同じスケジュールで、何日間か走るでしょう。