ミラーレス市場の縮小???

ミラーレス市場の縮小???

ミラーレス・カメラをようやく使い出して撮影を始めたばかりですが、ミラーレス・カメラはそろそろ終わりかも???

それというのも、ミラーレス・カメラが売れているのは日本くらいで、欧米では不人気だとか、きっとカメラが小さいので、欧米人の太い指では扱いにくいのかもしれませんね。

それに、ファインダーを覗いてピントを合わせないカメラも不人気そう・・・・

スマホで撮影するのと余り変わらないとは思いますけど・・・・・

前々からミラーレスは欲しいと思っていたんですが、シャッターのタイムラグとか、バッテリーの問題とか、色々調べていたら、なんだかわけがわからなくなりました。

それで、しばらく手を出していなかったんですが、最近ようやくニコン買いました。

バッテリーの持ちが良いのが決め手。

一眼レフと同じバッテリーなので、予備を一つ持っていれば事足りるからです。

キハ200

ずっと液晶を表示しているミラーレスなので、バッテリーの容量が少ないと撮影にも支障をきたします。

一眼レフと同じバッテリーなら容量も十分だし、さほど大きくもないので便利でした。

レンズも2本揃えれば、大体の撮影は可能、しかもレンズが軽い、これは大変良いですね。

キハ28

カメラ本体も軽いし、ごついカメラバッグを使わなくてすむことも気にいっている点です。

それで、ベラブラッドリーのマザーズバッグを買ったのですが、これがちょうど良い。

一眼レフも入れられるし、ポケットが沢山あるので、小物がバッグの中でバタバタしません。

いすみ300

おしゃれなバッグを使えるようになって、今はすごい満足してます。

それに、ミラーレスはピントを構図の端っこに合わせられるので、かなり自由度が増した撮影もできますね。

ただ、一眼レフで撮影するような編成写真はちょっときついかな??修行が足りないだけかもしれませんけど。

遠くから、風景の一つとして列車を撮影するなら、ミラーレスの方が合っていると思います。

腕木式信号機

走っている列車は置きピンで撮影するしかないようですが、今のところ、描写はとても気に入ってます。

ただ、今はホワイトカラーのカメラを使っているのですが、例えば、ホワイトのレンズキャップやレンズフードのような備品が、量販店で簡単に手に入れば良いです。

キャップを無くしてしまって、ホワイトが手に入らないと泣きですもんね。

一眼レフと一緒に持ち歩くのもよし、ミラーレスだけで撮影するのもよし、どちらも一長一短なので、使い分けてます。

キハ28

すでにどこも完売になっているニコンV1のダブルズームキットですが、J1よりもカメラらしいので、あえて一つ前のモデルを買いました。

でも、もっと軽くて、一眼レフと一緒に持ち歩きたいなら、ニコンのJ1も良さそうです。

今はミラーレスカメラの撮影にハマっているので、ハウジングも欲しいなぁとか思ったりして・・・・

一眼レフのハウジングはものすごく高いけれど、ミラーレスのハウジングはそんなに高くないですから。

今後、ミラーレスの市場が縮小していきそうですが、日本では販売を続けて欲しいですね。

女性に手にはちょうど良いミラーレスですし、普段持ち歩くカメラとしてとても重宝しています。

そういえば、明日は銚子電鉄で丸の内線カラーと銀座線カラーの両方ともが運用されるもよう。

これが最後になるかどうか・・・・撮影に行かなければ。