北海道、鉄道時代の終焉???

北海道、鉄道時代の終焉???

近ごろ巷で騒がれているのはJR北海道の不祥事ばかり。

1980年代に国鉄が分割民営化されたおり、それまでに膨らみ続けた国鉄の膨大な借金は、それぞれのJR各会社に引き継がれました。

それから、各JRは頑張って民営化経営に勤しんで借金を返済、でもまだ全額は返済できていないようです。

JR東海でさえまだ完済には程遠いとか、一体いくら借金があったんでしょう・・・・・

でも、この民営化にはどうも裏があって、借金を肩代わりする代償として、基金が創設され、JRの経営資金を補助しているとか。

基金の補てん元は国庫なので、実質民営化とは程遠いかも・・・・

それが証拠に、年間300億円の赤字を抱えるJR北海道がつぶれないのは、この基金のおかげだそうで、基金への補てんが国庫からなら、JRの表看板は民営化に変えたけれども、経営実態は国鉄時代と変わらないということになりますね。

この「民営」と言う言葉ですが、以前、どこのJRか忘れましたが、記者会見でうちは民間企業なので・・・という言葉が出てきてました。

企業が、うちは民間企業なんで・・・とは言わない気がします。

民間企業なんてことは周知の事実だからです。

どうも、まだまだ国鉄時代の名残が色濃く残っているようで、でも、国鉄時代の方が保線はしっかりこなしていたかもしれないですね。

3500形

テレビをつければ、いろいろなニュース番組で、JR北海道の問題が取り上げられています。

どこかのニュース番組で、北海道にはライバルとなる私鉄がないから・・・なんて言ってましたけど、民間企業だからこそ北海道に列車を走らせようなんて絶対に考えませんね。

計画段階で、赤字赤字の連続になることは目に見えている地域に、なんで民間企業が列車なんか走らせるでしょうか。

そういうコメントをするのも何だか・・・・

JR北海道が、分割民営化されて借金まみれになっても列車を走らせているのは、基金、国庫からの補助があるからで、純然たる民間企業が国庫の補助もなしで列車を走らせたら一年も持ちません。

3500形

そして北海道でも、国鉄時代に縦横無尽に敷かれたレールもかなり廃線となっています。

昔は富国強兵だの、色々なスローガンのもとで鉄道が敷かれ、また他に大量輸送の手段もなかったので、人もモノも鉄道に頼る時代でした。

現在では、飛行もあり、車もありで、鉄道は一部役目を終えたような気がします。

廃線に次ぐ廃線でも、赤字の連続。

ドル箱が無いから・・・というのも確かに一理あるかもしれないですね。

JR東では首都圏、JR東海では新幹線と、黒字になる路線を抱えています。

その黒字で、赤字路線の借金をチャラにしているわけで、JR東なら、東北方面の赤字を、首都圏の黒字でチャラにしているわけです。

なので、民間企業の看板を立てているJR東に、震災で流された赤字路線を復活しろというのは、ものすごく無理なお願いのような気もしますけど。

3500形

何せ沿線の人が鉄道を利用しない・・・・

赤字路線維持で思い出すのは、何故、国鉄が分割民営化されたかという理由で、とにかく国鉄赤字というのは国庫への負担がものすごく大きかったわけです。

人が乗らない路線までも保持保線しないといけない、国鉄だから人が一日数人しか乗らない路線でもそのまま保持していました。

これがあだとなり、国の借金は膨らむ一方、そして国民は、国鉄は要らないという結論に達しました。

国庫を圧迫する国鉄を民営化することで、一応国の借金が膨らむのを阻止できたという歴史があります。

JR北海道国有化なんて意見もありますが、過去の歴史をまた繰り返すようなことはどうも・・・

函館の朝市の人が、列車がうやになったので、観光客が来ないから商売にならんと怒ってましたが、JR北海道のおかげで商売ができているなら、JR北海道に少しは貢献したらどうかなと思いました。

列車に乗るのは観光客だけ・・というなら、列車は要らないでしょう。

バスや車で十分なような気がします。

列車を一本走らせるのに、ものすごいお金がかかるんですから。

8000形

北海道で乗った列車と言えば、札幌函館間と、函館の路面電車に札幌の地下鉄だけ。

道東へはバスで観光に行きました。

列車の本数がないので乗り継ぎが良くないんですね。

鉄道がなくなると過疎になる・・・と言う事もあるでしょうが、すでに過疎になっている地域はどうなんでしょう。

一日わずか3本の運行とかで、どのくらい人が乗るんでしょうか。

北海道から鉄道が消えるのはさみしいことですが、残すべき路線と廃止すべき路線を、今度こそきっちりと区分けして、再出発してほしいものです。

それと、基金の補てんがあることから、赤字300億円は保線しない言い訳にはなりませんね。

怠慢だと思いました。

なんだか今になって鉄道時代の岐路にきたような気がします。

残るか無くなるか、鉄道会社だけなく、利用する国民の意識も改革する必要があるのかな・・・

鉄道は好きだから、できればこのままずっと列車が走ってほしいですけどね。

ダメダメJR北海道ですが、北海道は好きですよ、だから、早く体勢を立て直してくれるといいです。