生きる悪知恵ーいえ、ホンマもんの知恵です。

生きる悪知恵ーいえ、ホンマもんの知恵です。

表紙の絵に引かれて、漫画家でもある西原理恵子さんの著書「生きる悪知恵」を買いました。

「生きる悪知恵」では、西原さんが、一般の方からの 「仕事」「家庭」「男と女」「性格」「トラブル」についての悩みを聞いて、解決策を単刀直入にズバッと答えてくれています。悪知恵と表題にはありますが、悪知恵ではありません。いたって真面目なもので、的を得た回答です。

スポンサードリンク

西原さんの人生経験をもとにした解決策は、ある意味新鮮で、自分では思いつかない答えもあり、目からウロコが落ちたものもあります。

表紙

生きる悪知恵 正しくないけど役に立つ60のヒント (文春新書 868)

「生きる悪知恵」を読むと、ひとつくらいは自分に当てはまる悩みがあるのではないでしょうか。例えば、「ある日突然カツラを被ってきた上司に、どういう態度をとればいいのか分かりません」は、わたしにも経験があって、あの朝ほど、気まずく、社員が無口になったことはありませんでした。

西原さんによれば、「あえて地雷を踏みに行くべし」ですが、そんな勇気はなくて、上司のカツラ初日は、全員が、まるで上司はいないものという態度になっていました。

他にも、「生きる悪知恵」に書かれている中に、思い当たる悩みがあり、西原さんの容赦ない解答を読んで、なんだ、こういうことかと分かって、気分がスカッとしました。

スポンサードリンク

色々と悩んでいる人は、これを読むと肩の荷が軽くなるかもしれません。この本に書かれている解決策は、あくまで策の一つであって、気持の切り替え方法の指標だと思うと応用がきくと思います。