遠い昔、はるか銀河の彼方で・・・ダースヴェイダーとルーク(4才)

遠い昔、はるか銀河の彼方で・・・ダースヴェイダーとルーク(4才)

宇宙一有名な父と息子、ダースヴェイダーとルーク、運命に翻弄され続けた結末は世界中に知られています。

もしも、ダースヴェイダーが良き父であったら・・・「ダースヴェイダーとルーク(4才)」は、ダースヴァイダーとルーク父子の心温まる日常の物語です。

絵本の出だしはこんなふう、あの有名なオープニングの音楽が聞こえてきそうです。

スポンサードリンク

「遠い昔、はるか銀河の彼方で・・・

エピソード3.5
ダースヴェイダーとルーク(4才)
シスの暗黒卿ダースヴェイダーは、
反乱同盟軍の英雄たちと戦う
べく、銀河帝国軍を率いる。
だが、そのまえに、まずは4才の
息子、ルーク・スカイウォーカーと
遊んであげる必要がある・・・・」

ダースヴェーダー

ダース・ヴェイダーとルーク(4才)

ライトセーバーで野球をやって球が真っ二つになったり、、ダースヴァイダーがつくった(多分)スクランブルドエッグを食べないルークのために、ダースヴェイダーがフォースを使ってコーンフレークを器にいれたりと、ルークはダースヴェイダーの愛情に包まれて育ちます。

レイアも、ウーキーも登場します。スターウォーズに詳しい人なら、お、このキャラは・・・とすぐ分かります。スターウォーズファンだけでなく、スターウォーズをあまり知らない人でも楽しめます。これは、不器用でも子煩悩な父親と、大好きな父親にかまってもらいたい少年とのありふれた日常のほのぼのとした話、二人の運命を知っているだけに、最後のページまでくると、とても切なく胸が痛みました。

スポンサードリンク

ダースヴァイダーとしてではなく、アナキンとしての父親の一面が垣間見られる絵本です。

こんな素敵なスターウォーズをありがとうと言いたい本でした。