空を飛ぶ鉄撮影・オスプレイ木更津初飛行

空を飛ぶ鉄撮影・オスプレイ木更津初飛行

木更津の自衛隊駐屯地が、オスプレイの定期整備拠点になるというニュースは昨年のことですが、なかなかオスプレイは飛んできません。

今回、騒音測定も兼ねて、初めてオスプレイが横田基地から木更津に飛来してきました。

木更津なら、DE10に何か動きがあればそれも撮影できるなと思いましたが、その日に限って何もなし。

でも、その分オスプレイの撮影に専念できました。

そういえば、ずいぶん昔のことになりますが、ペプシがハリアーをプレゼントするというキャンペーンをやってまして、それがものすごい数のペプシを飲まないともらえない。

誰もそんなこと無理だろうと思っていたら、本当に達成した人がいて、ハリアーくれとペプシに言ったら、あれは客寄せパンダだったということで裁判になってました。

結局どうなったんでしょう????

そのキャンペーンのCMは、当時アメリカに住んでいたんでテレビで何度も見ましたが、あれを見れば本当にもらえると信じてしまいますね。

でも、ハリアーとかアパッチとかブラックホークなんて、街の中のショーウィンドーに飾られて売られているような代物ではないし・・・

第一ペンタゴンからクレームが来るだろうと思ってましたけど。

ペプシに比べればハリアーは超高額、常識で考えればハリアーなんてもらえないという、一番最初の裁判はアメリカらしからぬ常識的な判断だったと思います。

総額で億に近い金額を支払ってペプシを購入した人には気の毒でしたけどね。

さて、家の用事を片付けてから木更津に向かったため、午前8時半からの騒音測定のための飛行には到底間に合わず・・・

現地に着いたのは、11時半過ぎでした。

すでに騒音測定は終了して、オスプレイ1機は横田に帰還した模様。

でも港を見ると、まだ県警の警戒船がいるし、これならまた飛ぶだろうとじっと高台で待ちました・・寒かったですけど。

そのうち、ローターが回る音が聞こえてきて、しばらくするとオスプレイが格納庫の向こうから飛び上がりました。

最初の横田行きの飛行はずっと後ろ向きだったため、あまり絵ズラが良くありません。

でも、横田から木更津に戻って来るときは正面。

オスプレイ

東京湾を横断して、あっという間に木更津上空に達します。

オスプレイ木更津上空

着陸のため、すでに車輪を出してはいましたが、かっこいい。

ダブル・ローターなので、アイドリング時にはそれになりに音は大きかったですが、飛んでいるときは静かなのかな???

アクアラインとオスプレイ

アクアラインとスカイツリーも見えて、木更津らしい感じです。

これで35ミリ換算で480ミリ、ここでは800ミリ以上は必要でした。

駐屯地反対側の有名な電柱ポイントからのほうが近かったかも。

オスプレイ離陸

こんなふうに格納庫の影から上がってきます。

騒音測定のためのオスプレイは、このオスプレイとは少しデザインが違ったようでした。

東京湾を行く

海兵隊所属のオスプレイ、全部で2往復半飛んでくれましたね。

最後は対岸の横浜も入れて。

下に見える小さなボックスのような建屋は、海の電柱の先にある監視小屋です。

オスプレイが東京湾を横断し終わる頃、県警の警戒船も港を離れました。

しばらく海面がキラキラしていて綺麗だったので、そちらにカメラを向けていましたが、オスプレイが去ってしまった後、自衛隊のチヌークが移動開始。

チヌーク

ずっと待機していた2機のうちの1機が習志野駐屯地方面に飛んで行きました。

初オスプレイ撮影はこれで終。

ローターをもう少しブラして撮影したかったのですが、オスプレイの速度が速く、シャッター速度を遅くすると被写体ぶれが・・・・

何か方法を考えねば。

それより次はいつ飛んできてくれのかな????